qrown.me 利用規約 - qrown.me


  1. はじめに

    1. この利用規約(以下「本規約」といいます)は、Qrown(以下「本サービス」といいます)を利用する全てのユーザーの一切の行為に適用されます。

    2. 本規約は、本サービスの利用条件を定めるものです。全てのユーザーは、本規約に従い本サービスを利用するものとします。

    3. 全てのユーザーは、本サービスを利用することにより、本規約の全ての記載内容について同意したものとみなされます。


  2. 本規約の範囲

    1. 本規約及びその他の利用規約等はサーバーのトップページからリンクされています。その他の利用規約等は名称の如何に関わらず本規約の一部を構成するものとします。

    2. 本規約の規定とその他の利用規約等の規定が異なる場合は、当該その他の利用規約等の規定が優先して適用されるものとします。


  3. 本規約の変更

    1. 本規約はいつでも任意の理由で変更することができるものとします。

    2. 変更後の本規約は、サーバー上に表示した時点より効力を生じるものとします。

    3. 全てのユーザーが、本規約の変更の効力が生じた後に本サービスをご利用になる場合には、変更後の本規約の全ての記載内容に同意したものとみなされます。


  4. 有償利用登録について

    本サービスの有償利用を希望するユーザー(以下「会員」と表記)は、本規約及び別途定める有償利用規約の内容に同意した上で利用登録を行うものとします。


  5. 利用料金

    1. 本サービスの原則的な利用料金は無料とします。

    2. 本サービスは、会員に対して別途有料サービスを提供します。価格等については、その他の利用規約等に定めます。


  6. ユーザーの責任

    1. 全てのユーザーは、自己の責任において自己の私的利用の目的で本サービスを利用するものとし、本サービスを利用してなされた一切の行為及びその結果について一切の責任を負います。

    2. 全てのユーザーは、本サービスを利用するために必要なあらゆる機器、ソフトウェア、通信手段を自己の責任と費用において、適切に整備するものとします。

    3. 全てのユーザーは、自己の利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を講じるものとします。

    4. 本サービスを利用して会員が登録した情報に関する責任は、会員自身にあります。本サービスは会員が本サービスを利用して登録した情報の内容について、一切の責任を負いません。

    5. 会員が他人の名誉を毀損した場合、プライバシー権を侵害した場合、許諾なく第三者の個人情報を開示した場合、著作権法に違反する行為を行った場合、その他他人の権利を侵害した場合には、当該会員は自己の責任と費用において解決しなければならず、本サービスは一切の責任を負いません。 なお、会員は、本サービスが第三者の訴求に対応することで発生した弁護士費用含む一切の損害賠償を、本サービスが追及する権利を認めるものとします。

    6. 全てのユーザーは、会員が本サービスを利用して登録した情報について本サービスに保存義務がないことを認めるものとします。

    7. 全てのユーザーは、本サービスを利用して得た情報の利用にあたって、自己の判断と責任で利用するとともに、全てのユーザーに適用されるルールを遵守するものとします。


  7. 禁止事項

    全てのユーザーは、本サービスの利用にあたり、次に掲げる行為を行ってはならないものとします。禁止事項に違反した場合には、アクセス禁止、強制退会、利用停止、情報の全部もしくは一部の削除または公開範囲の変更等の不利益な措置を採ることがあります。

    1. 本規約及びその他の利用規約等に違反する行為

    2. 本サービスのから得られる情報の一部または全部の複製・改変・編集・消去、他のプログラム等との結合またはミラーサイト構築等の行為

    3. スクレイピング、クローリング(クローラ、ロボット及びスパイダー等のプログラム)及びその他の類似の手段によって本サービスにアクセスし、本サービスに関する情報を取得する行為

    4. 本サービスに関するセキュリティの無効化を試み、または無効化する行為

    5. ウィルス等の有害なプログラムの送信行為、あるいは受信可能な状態に置く行為

    6. 本サービスの妨げ、妨げる恐れのある行為、またはスパムメッセージを流布する行為

    7. 本サービスの信用、財産を毀損し、または毀損する恐れのある行為

    8. 法令、その他関連する行政の規則または通達によって禁じられた行為、あるいは公序良俗に反する行為

    9. その他本サービスが不適当と判断する行為

    10. 前各号に挙げた事項以外の、本サービス及びサービス管理者側に支障を与える可能性のある一切の行為

    11. 前各号に準ずる行為


  8. 本サービスの権利

    1. 本サービスはβサービスです。本サービスの都合により、本サービスの任意の機能をいつでも任意の理由で追加、変更、中断、終了することができます。

    2. 本サービスに関する一切の知的財産権等は、本サービスに帰属します。

    3. ユーザーは、本規約及びその他の利用規約等に基づき、本サービスに関する使用権のみを取得し、本サービスに関する所有権、知的財産権等その他のいかなる権利も取得しないものとします。

    4. 本サービスは、以下各号の事項に該当すると判断した場合には随時任意に会員が登録した各種情報を変更、削除または移動等(以下「削除等」といいます)することができます。

      1. 当該会員が退会した場合。

      2. 禁止事項に該当する行為があると判断した場合。

      3. 運営・保守管理上、必要であると判断した場合。

      4. その他本サービスが必要と判断した場合。


  9. 免責事項

    1. 本サービスは、ユーザーの通信や活動に関与しません。万一ユーザー間の紛争があった場合でも、当該ユーザー間で解決するものとし、本サービスはその責任を負いません。

    2. 本サービスは、本サービスの機能の追加、変更、または本サービスの中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。アクセス過多、その他予期せぬ要因で表示速度の低下やサーバー障害等が生じた場合も同様とします。

    3. 本サービスは、会員によって登録される情報の合法性、道徳性、信頼性、正確性について責任を負いません。会員によって登録される情報が、当該会員が所属する法人・団体等の内部規則等に適合することについても、責任を負いません。

    4. 本サービスは、本サービスの内容、本サービスによってアクセス可能な情報、ソフトウェア等について、その完全性、正確性、確実性、有用性、適法性、可用性等明示的か黙示的かに関わらず、いかなる種類の保証も行いません。

    5. 本サービスは、本サービスの提供にあたり、会員に対して一定のサービスレベルを保証するものではないものとします。本サービスの利用に関して、本サービスが中断されないこと、エラーが発生しないこと、処理速度・処理項目・処理品質等を一切保証しないものとします。


  10. 本規約及びその他の利用規約等の有効性

    1. 本規約及びその他の利用規約等の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約及びその他の利用規約等のその他の規定は有効とします。

    2. 本規約及びその他の利用規約等の規定の一部があるユーザーとの関係で無効とされ、または取り消された場合でも、本規約及びその他の利用規約等はその他のユーザーとの関係では有効とします。


  11. 本規約またはその他の利用規約等違反行為等への対処

    1. 本規約またはその他の利用規約等に違反する行為を発見した場合には、本サービスに対して通報してください。

    2. ユーザーが本規約またはその他の利用規約等に違反したと認められる場合、その他本サービスが必要と認める場合は、本サービスは当該ユーザーに対して、当該行為等を止め、同様の行為を繰り返さないことを要求し、かつ必要な措置を取ることができます。

    3. ユーザーは、前項について、異議を申し立てることはできないものとします。


  12. 準拠法及び管轄裁判所

    1. 本規約の準拠法は、日本法です。

    2. 本サービスに関する訴訟については、札幌地方裁判所を第一審合意専属管轄裁判所とします。


  13. 附則

    1. 本規約は平成29年1月1日から施行します。

    2. 本規約の施行前にユーザーによって行われた行為についても本規約が適用されます。


改定履歴

2017年01月16日
  • 各項目の整理をしました。

2017年10月11日
  • 「有償利用ユーザー」を「会員」と改めました。

  • その他表記のぶれを訂正しました。