qrown.me 会員規約 - qrown.me


  1. はじめに

    1. この利用規約(以下「本規約」と表記)は、Qrown(以下「本サービス」と表記)を利用するユーザーのうち、本サービスの会員登録を希望するユーザー(以下「会員」と表記)の一切の行為に適用されます。

    2. 本規約は、会員が本サービスを利用する条件を定めるものです。会員は、本規約に従い本サービスを利用するものとします。

    3. 会員は、本サービスを利用することにより、本規約の全ての記載内容について同意したものとみなされます。

    4. 本規約は本サービスの利用規約の附則であり、特に会員に対する規約を抜粋・捕捉したものです。本規約も本サービスの利用規約一部を構成するものとします。


  2. 本規約の変更

    1. 本規約はいつでも任意の理由で変更することができるものとします。

    2. 変更後の本規約は、サーバー上に表示した時点より効力を生じるものとします。

    3. 会員が、本規約の変更の効力が生じた後に本サービスを利用する場合には、変更後の本規約の全ての記載内容に同意したものとみなされます。


  3. 有償利用登録及び退会について

    1. 会員は、本規約の内容に同意した上で利用登録を行うものとします。

    2. 会員が有償利用登録の解除を希望する場合には、会員は本サービス上で退会の申出を行うものとします。

    3. 本サービスは、次の各号に掲げる事由が発生した場合は、会員に通知することなく、会員を強制的に退会させることができるものとします。

      1. 本規約又はその他の利用規約等に違反した場合

      2. 行政などからの要請による場合

      3. その他、本サービスにおいて不適切と判断した場合

      会員が退会した場合、当該会員に関する一切の情報は本サービス上のデータベースから削除されます。

    4. 本サービスの有償利用にあたって発生する初期費用及び月額基本料金について、請求済みの支払いは免除されないものとします。

    5. 本サービスは、会員が退会したことによって発生した損害について一切の責任を負いません。

    6. 退会後、会員は、当該会員に関するダウンロード済みの情報に関して、利用の停止・消去・削除等の請求を行なうことはできません。


  4. 会員の権利と義務に関して

    1. 会員は、登録情報及びパスワードを自らの事業の専有管理に属する情報として登録しなければならず、当該情報が自らの事業の専有管理に属さなくなったときには、自らの事業の専有管理に属する情報に変更しなければならないものとします。

    2. 会員は、自らの事業の専有管理に属するメールアドレスを登録しなければならないものとします。

    3. 会員は、パスワードの不正利用及び流出の防止に努めるとともに、その管理について一切の責任を持つものとします。本サービスは、会員からの不正利用に対する調査要請に協力する義務を負いません。

    4. パスワードが第三者に利用されたことによって生じた会員の損害等については、本サービスはいかなる責任も負いません。

    5. 会員は、本サービスに対して登録した情報が第三者の権利を侵害していないことを保証するものとします。万一、第三者との間で何らかの紛争が発生した場合には、当該会員の費用と責任において問題を解決するとともに、本サービスに何等の迷惑又は損害を与えないものとします。


  5. 禁止事項

    会員は、本サービスの利用にあたり、次に掲げる行為を行ってはならないものとします。禁止事項に違反した場合には、強制退会、利用停止、情報の全部もしくは一部の削除または公開範囲の変更等の、会員にとって不利益な措置をとることがあります。

    1. 本規約及びその他の利用規約等に違反する行為

    2. 他者の著作権、商標権、特許権、その他の知的財産権または営業秘密を侵害する行為、もしくは侵害を可能ならしめる行為

    3. 他者の財産権、プライバシーまたは肖像権等の人格権を侵害する行為、もしくは侵害を可能ならしめる行為

    4. 犯罪的行為、または犯罪に結びつき、あるいは結びつく恐れのある行為

    5. 虚偽情報の流布行為

    6. 名義を偽って本サービスを利用する行為、または第三者に配布・使用させる行為

    7. 法令、その他関連する行政の規則または通達によって禁じられた行為、あるいは公序良俗に反する行為

    8. 社会通念上、暴力的あるいは差別的と解釈され、またはその恐れのある情報の掲載行為

    9. その他本サービスが不適当と判断する行為

    10. 前各号に挙げた事項以外の、本サービス及びサービス管理者側に支障を与える可能性のある一切の行為

    11. 前各号に準ずる行為


  6. アカウントの保有

    1. 会員は自らの事業につき1つのアカウントを保有するものとします。一つの事業で複数のアカウントを保有することはできません。

    2. 複数人が1つのアカウントを共有して管理する場合、自らの事業及び業務委託の範囲内で厳重に管理することとします。

    3. 会員は、アカウントを第三者に譲渡又は貸与することはできません。


  7. 本サービスの権利

    1. 本サービスはβサービスです。本サービスの都合により、本サービスの任意の機能をいつでも任意の理由で追加、変更、中断、終了することができます。

    2. 本サービスに関する一切の知的財産権等は、本サービスに帰属します。

    3. 会員は、本規約及びその他の利用規約等に基づき、本サービスに関する使用権のみを取得し、本サービスに関する所有権、知的財産権等その他のいかなる権利も取得しないものとします。

    4. 本サービスは、会員から利用の状況、動機、不満な点、不明な点及び機能追加の要望(以下「フィードバック」と表記)を取得することがあります。 会員は、フィードバックの内容につき、本サービスが無償利用すること及び会員が本サービスを退会した後も本サービスが利用することに同意するものとします。 なお、本サービスがフィードバックの内容に拘束される義務はありません。

    5. 本サービスは、以下各号の事項に該当すると判断した場合には随時任意に会員が登録した各種情報を変更、削除または移動等(以下「削除等」と表記)することができます。なお、本サービスが削除等を実施した場合、削除等を証明する記録は発行しません。

      1. 当該会員が退会した場合

      2. 禁止事項に該当する行為があると判断した場合

      3. 運営・保守管理上、必要であると判断した場合

      4. その他本サービスが必要と判断した場合


  8. 免責事項

    1. 本サービスは、会員によって登録される情報を監視したり、保存する義務を負いません。

    2. 本サービスは、会員によって登録される情報の合法性、道徳性、信頼性、正確性について責任を負いません。会員によって登録される情報が、当該会員が所属する法人・団体等の内部規則等に適合することについても、責任を負いません。

    3. 本サービスは、本サービスの内容、本サービスによってアクセス可能な情報、ソフトウェア等について、その完全性、正確性、確実性、有用性、適法性、可用性等明示的か黙示的かに関わらず、いかなる種類の保証も行いません。

    4. 本サービスは、本サービスの提供にあたり、会員に対して一定のサービスレベルを保証するものではないものとします。本サービスの利用に関して、本サービスが中断されないこと、エラーが発生しないこと、処理速度、処理項目及び処理品質等を一切保証しません。

    5. 本サービスが会員の問い合わせに対して応対すること(以下「サポート」と表記)を提供した場合、サポートの内容、及びそのサポートに起因して発生した一切の損害等について責任を負いません。

    6. 本サービスは、会員が本サービスの利用に関して被った損害については、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の責任を問わず賠償の責任を負いません。但し、会員が本サービスの利用に関して本サービスの故意又は重大な過失により損害を被った場合については、この限りではありません。


  9. 本規約及びその他の利用規約等の有効性

    1. 本規約及びその他の利用規約等の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約及びその他の利用規約等のその他の規定は有効とします。

    2. 本規約及びその他の利用規約等の規定の一部がある会員との関係で無効とされ、又は取り消された場合でも、本規約及びその他の利用規約等はその他の会員との関係では有効とします。


  10. 本規約又はその他の利用規約等違反行為等への対処

    1. 本規約又はその他の利用規約等に違反する行為を発見した場合には、本サービスに対して通報してください。

    2. 会員が本規約又はその他の利用規約等に違反したと認められる場合、その他本サービスが必要と認める場合は、本サービスは当該会員に対して、当該行為等を止め、同様の行為を繰り返さないことを要求し、かつ必要な措置を取ることができます。

    3. 会員は、前項について異議を申し立てることはできないものとします。


  11. 準拠法及び管轄裁判所

    1. 本規約の準拠法は、日本法です。

    2. 本サービスに関する訴訟については、札幌地方裁判所を第一審合意専属管轄裁判所とします。


  12. 附則

    1. 本規約は平成29年1月1日から施行します。

    2. 本規約の施行前に会員によって行われた行為についても本規約が適用されます。


改定履歴

2017年01月16日
  • 各項目の整理および追加をしました。

2017年10月11日
  • 「有償利用ユーザー」の呼称を「会員」と改めました。

  • その他表記のぶれを訂正しました。